FC2ブログ

厚木グラススタジオ奮闘記(3) 

ノリタケ工場内ガラス教室の様子です            連帯窯模型
アーティスト        連帯窯  

 ガラス工場時代は、左の写真の床のペンキが塗られた円形状の所に、右写真の連帯窯がありました。
ガラス教室開始までの奮闘記・工場編 ・・・ガラス教室を始めるにあたって、この窯もコツコツコツコツ・・・手作業で取り除いたのです。前回登場したハンドリフト。これは数百キロの重いものでも、数十メートルの長いものでも台車と合わせれば、2,3人の力でも移動させられるのです!ベルトコンベアー、火切、加工機諸々・・・「現場」では常識のことかもしれませんが、実際に使ってみて感動!!だったのです。このお陰で、50メートル直線走のできる工場を、わずかの人力で整備することができました。ところで左の写真、UFOが降りてきそうな画ですね。頭の上から冷たい風が来るようになってました。
厚木グラススタジオでは風を呼ぶための窓を天井に開けたのです。次回はこの様子をお届けします。

ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ←ぽちっとお願いいたします!

スポンサーサイト