FC2ブログ

厚木グラススタジオ奮戦記 

DSC05721.jpg
この写真は何やら太いパイプのようなものがうつっていますが、これは熔解炉から徐冷炉へと熱を移動させる大きなパイプです。画面左が熔解炉。右が徐冷炉。ガラス工房に携わっている人は誰しもが頭を悩ます燃料費の軽減。当スタジオも設立当初から熔解炉熱の有効利用を考えてきました。そして昨年10月、ついに実現しました。これもSさんという会員さんのお陰。・・・こうしたい・・・あーしたい・・・と、いつも腕組みをして悩む時間の多い先生と、その言葉を聞くや否やすぐに行動を起こすSさん。強力なタッグマッチの元このパイプは完成しました。もっともこのスタジオは殆どが手作りと言っても過言ではない位、みんなの力でできました。

DSC05719.jpg
気になる効果の程は今のところ使用量1割減。毎月膨大なガスを使う我スタジオにとっては大変助かることです。
  ”みんなの力の源”をさかのぼると、それは10年前、ノリタケのガラス工場が閉鎖した後、ノリタケのガラス教室゙ができるまでの1年半。開講するかどうかあやふやな状況の中、たった3人の手で、来る日も来る日も工場を片付けることから始まりました。それが今のみんなの力に繋がってきています。次回は工場からノリタケのガラス教室になるまでの奮闘振りも併せてお届けします。

ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ←ぽちっとお願いいたします!

スポンサーサイト