FC2ブログ

「座頭市 THE LAST]デキャンターとグラス  

DSC05652.jpg

デキャンターの依頼は昨年2月、まずお電話にてお話を伺いました。イメージをつかむために映像を、ということで、すぐにメールでの確認・・・3月には担当のMさんがスタジオへ来られて、直接打ち合わせを。制作を依頼される場合は、直接お話できることがとてもありがたいことなのです。庄内ナンバーのワゴン車にたくさんの小道具を積んでいらしたMさん、ご苦労様でした。おそらく座頭市が身につけると思われる箕や昔の農耕具のようなもの、たくさんありました。時代は1847年頃、江戸末期。その頃に使われたデキャンターとグラス。波打ったような感じ・・・を出すために試作で表面を削ったものも作りました。全体に小さな丸を彫ってみたのですが・・・実際は滑らかな方が使われています。グラスは、注ぎにくい、細身の形状。お酒を注ぐ手が震えて、こぼしてしまう・・・そうです。ーーー誰がお酌をし、誰が受けるのでしょうか。5月の撮影に間に合うように収めましたが、映画撮影なるもの、準備期間から大変な日数を要するのですね。公開は1年以上先のこと。やっと近づいてきました。皆さん是非ご覧下さい。

ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ←ぽちっとお願いいたします!

スポンサーサイト